どうあがいても、波動そのもの

みなさん、こんにちは。

Yokoです。

もうね、どうあがいても私たちは、波動そのもの(笑)と思う。

なぜそう思うか?

というのも、「波動そのもの」という前提でないと、説明するのがむずかしいようなことが、毎日のように、観えて(起きて)くるから確証に近くなってくる。(笑)

わたしたちって、ようは、自分が何を観たいか?というチャンネルに合わしている。

そのチャンネルに合わすのが、波動ようは「周波数」なのだ。

簡単に言えば、観たい世界の周波数になれば、観たい世界が起きてくる(観えてくるようになるし)、逆に言えば、その周波数でなければ、ぜったいにその世界は起きてこない。

どんな世界でも、自分が観たいモノしか観ていない=完全に自分しかその周波数を奏でれないから。

「なんで私、こんなにラッキーなんだろう!」と周波数を奏でれば、ラッキーなものがどんどん観えるようになる。(起こるようになる)

「こんなに幸せな私!」と周波数を奏でれば、幸せな私!というのが観えてくる(起こってくる)

「なんで私はこんな(嫌なこと)ことばっかり起きるんだろう!」と周波数を奏でれば、そのことが観えるようになる(起きるようになる。)

そしてここで、ポイントになるというか、どうもずっと考えてたことがある、、、、

どうも、この「観えてくる」(起きてくる)順番は、必ずしも、想ってたから起きるという、順番通りでないのかも。ということ。つまり、先に物事が観えて(起きて)きて、自分の想いがああ、そうだったと気づくという、引き寄せならぬ、先に物事がやってくるから、「押し寄せ」のミラクル。

ということが、最近よくね、よく起こっている様に見える。どう考えても、想うより先に物事が起こっている様に感じるのです。(笑)

例えば、これ良かったらどうぞ♪って

巨峰ブドウが目の前に!

え!?そうそうこれ、さっき、看板で美味しそう~って一瞬思ってたんだよね~みたいな。

ここで、さらにポイントなのが、「想うより先に」というのが、もしかしたら「願うより先に」という言葉のニュアンスのほうが、なるほどと思いませんか?

ここで、最近読んでる本の「願わないほうが叶う5つの真実」で言っていることがとても納得。

~したい。~が欲しい。と思い続けている限り、そうなっていない自分や、手に入っていない自分を、どんどん「その成しえていない状態を」強化しているだけ(笑)。

宇宙は、どんどん、願いを叶えてくれるからね。(笑)

私の見地からすると、そこに、ゆるみが無いので、宇宙は与えるスキがないんじゃない?と思ったりもする。

でもね、

このちょっと心によぎるくらいだと、「できない」とか「ムリ」という観念が全く入らない。ましてや、「そうならないとダメ」だなんて到底念頭にない。

ここでは、自分を否定しているわけでも、肯定しているわけでもない、ニュートラル。私たちは、ニュートラルな状態って、ちょっとポジティブよりな感じなんだって。だからこの周波数だと、ちらっと心によぎったことが、想いもがけない方法でやってきて実現するのかなと思ったりする。

ようは、究極のに生きている状態で、身軽さ全開なのかなと(笑)(すごいざっくりだけど)

「できない」とか「ムリ」と思っている時点で、心はにいない。心(思考)が、未来とか過去の事を考えて、ああでもない、こうでもない、だからできない、だからムリと判断している状態なんだな~と。

ということで・・・・・

文章で説明するの、なんて難しいんだ・・・(笑)と思い、この辺で。

締めのご挨拶として、

ようは、毎瞬、今を全力で生きよう!ごきげんさんでいる自分を選択し続けてみよう!

そうすれば、想ったこと以上の願いは授けられる!

では、またね。(ふう、やっと書けたw)

Yoko