2019年12月22日「冬至」やっておきたいコト

みなさん、こんにちは。

Yokoです!

2019年12月22日「冬至」やってきましたね。

いよいよ、目醒めへのカウントダウンが始まりました!

(笑)って私が、なにかを知っているわけではないですが、

ただ、感じるのは感じるんですよね。

地球の波動が軽やかになろうとしている、合わせて自分の波動も軽やかになってきている、ということは、現実化が加速している。なんか、ポンポンポンポン話が決まっていく。

そして、この冬至のタイミングは、またエネルギーの転換期

とにかくこの時期(冬至前後3日間)やっておきたいコトは徹底的な断捨離、

手放し。

「手放しは、拡大なんですよ。」と、いつもわかりやすくて、私が、合意納得のいく言葉を下さる、並木良和さんの言葉です。

もうね、これってこの言葉のまんま。

手放せば手放すほど、どんどん軽やかになって、どんどん自分の意識が拡大していく。

愛と感謝を持って、手放す。

ほんとかな?と思って、2019年の春くらいから、統合ワークをし続けてきましたが、ここにきて、やっぱり、やってきてよかった!やり続けて良かった!この統合ワークを知れて良かった!と思う次第です(笑)

22日は並木さんの冬至のスペシャル講演会をオンラインで、Liveタイムに受けさせていただきました!もう、ほんとに並木さんも力強さと軽やかさがどんどん加速していて、オンラインであっても、エネルギーが循環する、循環する(笑)のがめちゃくちゃわかります。

この日は、現場とオンライン合わせて2000人くらいだったそうですが、(すごっ)

この冬至のタイミングに、統合ワークをこれだけの人数で、一気に一緒のタイミングにするということが、どれだけの強い共鳴を起こすか、ほんとに実体感し、エネルギーはどんどん、共振する、共鳴すると、すんごいパワーになると、確信につながりました。

これほど優しく、軽やかに、エネルギーに集中できることにビックリしました。

いつものイメージよりもより鮮明にイメージにつながります。

脳波もかなりα波~θ波なのか、意識が拡大しすぎたのか、ほんとに心地よくて、気が付いたら、寝てるような感覚になってました。

すんごい心地いい。

そして、もうこのワークをした後は、どんな自分でもOKが出すぎてしまっているので、その後の行動が軽やかです。たとえ、波風が立っても、というか、本来の自分を100%で生きる選択をすると、とたんに波風が絶対に立ってしまうんです。って。

めちゃくちゃわかる!(笑)

私もこの11月から、波風がたってたって、ぐらつきが半端なかったです。

そりゃもう、当たり前ですよね。今まで「うまくやってきた自分」がなんと本当の自分ではなかった自分だと気が付いてしまったんですから(笑)

ほんとは、「いい子ちゃんじゃありません」「もっとこんなことがしたいんです!」「そうならないんだったらやめます」という、自分の思いがどんどん浮き上がってくるのですから、当然です。(笑)

といっても、今までの自分が嘘ついていたから、というのも悪いわけではありません。(←大事)

この自分が演じていた自分は、自分の価値観で動いているんですから、自分に違いはないのですが、そもそも、その価値観ということが、一体誰の価値観なの?という話なんです。

社会?家族?

誰かから植え込まれた価値観でしょう。

でも、もうこの「自分のモノじゃない価値観」←ようはこれは、地球の古い周波数なんですね。

気がついたらどんどん、統合ワークするだけです。

 

ようよう落ち着いてきて、ブログを再開したのですけど、

「もう、本来の自分を生きる、目醒めるために毎日真剣に取り組んでいます!」ということを誰彼かまわず、躊躇なく言えるようになってきたのは、自分でも不思議な変化。

 

Yokoでした。