自分の真実を生きるだけ

こんにちは。Yokoです。

自分の真実を生きる。

もう、これしかないんですが、これが、なかなか難しかったりします。

(あれ?私だけでしょうか?)

というのも、

そもそも、自分の真実って何?

となっていたからなんです。

これが、本当の私かな?あ、ちがった、これが本当の私ではない、じゃあどんな私が本当の私なんだろう?とか、

私は、もともと、人からこう思われたいとか、こう見られたいという「エゴ」が分厚い感じだったので、玉ねぎの皮のように、めくってもめくっても、あれ?どれが真実?っていう感じだったんですが、そもそも、それが「おやおや?」という感じなんです。

自分では、もっと、手放して、脱いで、脱いで、(笑)

本当の自分の真実を突き詰めなきゃ!と思ってたんですが、そもそも、そのことが大勘違い(笑)

だって、その玉ねぎの皮も含め、玉ねぎ自体、す・べ・て、自分の真実だからです。

これは自分じゃない、これは自分だ、なんて、無い。

全部、自分。

すべて、受け容れて認めていくだけ、というか、そ・れ・が

「自分の真実を生きる」

自分を生きるとは、すべての自分を自分と認め、統合し、軽やかに生きていく。

まさに それなんだなーと。

ということで、そんな感じです。(笑)

 

Yokoでした~♡

ぶちっておわってごめんなさい。(笑)