「次元が違う」ってどういうこと?

「それって、もう次元が違うよね。」

こんな話題になったので、今日は、この次元について、私の感じたことを書きます。

とっても簡単な感じです。

そもそも、次元とは、「空間の広がりをあらわす一つの指標」だそうです。

1次元、2次元、3次元、4次元、5次元・・・という具合ですよね。

私たちのいる物理次元が、「3次元」の世界と言われ、

スピリチュアル的な観点から、

次の次元(高次元)の世界に、今いる次元からシフトアップするということが、

「アセンション」=つまり「次元上昇」と表現されている感じです。

(このあたり、私は、並木良和さんのお話しや、本から読み取った内容が、一番しっくりきて、一致したので、紹介してます。^^もし、よかったら参考になさってくださいね。目覚めのレッスン29

話を戻すと、

「次元が違う」と、いうことは、

出来事に対しての反応が、周りと違う。

ということが、すでに次元が違ってきている。

 

それは、つまり、「観ている世界が違う」のです。

観ている世界が、全く違う次元から観ているだけのこと。

 

簡単にいうと、

普通と違う選択をする人を見て、あの人は次元が違うとか言ったりしますよね

その感覚です。

 

というか、そもそも、

自分からみた世界にいる人、と、その人からみた世界が、違うだけで、

人の数だけ、世界があって、

次元が、びみょーにそれぞれ、違っているだけ。

 

同じ次元というか、よく似た次元に一緒にいる人達は、同じような反応をする。

「普通、こういう反応するよね」「普通、こういうよね」

(この「普通」というのは、その他大勢、おおむね、一般的には、という多数派ということで、話を進めますね。)

 

例えば、この普通じゃない反応を選択しているというのは、すでに周りとは、

違う次元にいるんです。

(きっとこのブログを読んで、あるある、と感じている人多いんじゃないかな。)

あと、起こった出来事に、何も反応しないとか、何も思わないとかいうことも、次元が違うことになりますよね。

 

 

それと、もう一つ掘っていくと、

 

①チョコをもらいました。「えーいいんですか?ありがとうございます。」←普通な感じ

②チョコをもらいました。「私にあげたくなったのこと、知ってたよ♡」

①と②の、この感覚の違いわかりますでしょうか?

これも、次元が違うのですが、(笑)

 

これは、①と②は、自分の観ている世界が、

世界が中心で観ているのか、自分が中心から観ているかの違いなんです。

世界の作り方、スタンスが違うんですね。

①の世界が中心だと、世界で起こってきた出来事によって、自分の立ち位置が決まる感じ。

②の自分が中心だと、自分の立ち位置があるから、出来事が勝手に起こってきた感じ。

 

何があろうとも、誰になんと言われようとも、世間がとか、社会がとか、普通はとかに

振り回されずに、自分軸を100%表現して、本来の自分でいれるかどうかが、

次元上昇へのカギになりますよね。

自分の軸に100%の信頼と、そういう自分に気が付いていくことが、

目醒めていくということ。

自分に一致することをしようとして、

違和感やネガティブな感情が出て来たら、統合ワークを繰り返す。

それが、覚醒しつづけていくということ。

終わりは、ありません。

 

最近、受講した

身体から感じる「新しい統合ワーク」のワークショップに参加して、

本当に「統合って感覚、なるほど!」と腑に落ちた感があって、楽しく統合ワークを進めれてます♡

そのつながりから、仲間も出来てきました。

私たちは、そもそも、一匹オオカミ。

仲間というか、どんな、一匹オオカミに

次に会えるのが楽しみです。

 

また、準備整ったらワークショップするので、募集とご紹介しますね。

Yokoでした。

これを読んでいる時点で、あなたも違う次元にいますよ。(笑)

※このブログで書いていることはあくまでも私の見地なので、ふうん、そんな考えもあるのね~とか、へーちょっと納得~くらいな感じで、「ご自身」にとって役にたつようなら、受け止めていただければと思います。しかし、最近、めちゃくちゃわかりやすく表現されている人、めっちゃ多くなってきてませんか?私が、アンテナ張っているだけで目に留まっているだけかな~(笑)いやー素敵な表現をされる方、多いですよね~♡^^もし、統合ワークや目醒めやアセンションにご興味がある方がいらっしゃったら、ぜひしっくりこられる方(リーダーやヒーラー)を探されてもいいと思います。いろんな表現をされている人たちが多いですが、目的は、一緒、「アセンション」です。