「失っても、必要なら出現する」

「失っても、必要なら出現する」



昨日、なくしたアクセサリーが思わぬところから、出てきました。

そのことをふまえて、やっぱり宇宙の本質を探究して、現実世界での具現化・現象化を体験すると、面白いな~と思います。

 

みなさんは、失ったものが、思いがけないところから「出てきた」って体験ありませんか?

 



こういうことって、意外にたくさんあるのですが、いざ、記憶に残ってるものを上げると、衝撃的なものしかありませんが、今回は、衝撃呈でした。

どっから、出てきたかというとなんとお風呂の敷マットの間の「穴」に、パコンって、はまってたんです。衝撃的だったのは、いろいろ思い返しても、全然思い当たることがないんです。

つけてそのままお風呂にはいったんじゃないのか?っと考えると思うのですが、その記憶もないんですよね、

まあ、でも、ようは、私の前に、「出現」したってことなんで、面白いな~と思ってます。



「失っても、必要なら出現する」とタイトルしましたが、そうなんだよね~。

やっぱり、これは、私にとって、まだ必要なものだったんだ。ってね。

 

よく手放し、手放し、っていうじゃないですか?

手放さないと新しいのが入ってこない、とかわかってるのに、手放せない。

なぜか?それは、「手放すのが、惜しい。」とか「手放したら、もう入ってこないんじゃないか」とか、そういうなんか、なんともいえない自分が思い込んでる観念が沸き起こってくるんですよ。w

ありませんか?

 

今日、私が伝えたいことは、

失っても、必要なら戻ってきます。

手放しても、必要なら戻ってきます。

 

ほんとそうなんです。笑



ちょっとニュアンス的に言い換えると、

手放しても、必要なタイミングで、また新しい形で入ってきます。

 

なので、安心して手放しましょう。

ってことなんです。

 

この  → 安心して

これもポイントです。

 

「手放した方がいい」だから「手放そう、手放そう」と能動的にがんばってしまうと、、、

周波数としては、低い(重い)周波数なんですね。

高次な振動周波数というのは、良いも悪いもとらわれていない自由な状態。

たとえ、そうすることが「波動を上げること!」と思っていても、それをしようとすればするほど、(思えば思うほど、)低い振動周波数の状態だというパラドックスみたいに。笑

そうなると、結局は、この世界は、自分の周波数が世界を創っているので、低い振動周波数になっていると、低い振動周波数のその現実を創造していくことになります。

(ですが、別に低い振動周波数が悪い。っていってるわけでもありません。)

 

でも、この低い振動周波数とは、低ければどんどん、分離の世界が強まります。分離とは、愛と離れた状態。

個人的には、低い周波数だとその、愛と調和から離れたなんだか、あんまり居心地のよくないことが、顕われてくるように感じます。

分離は、不安と恐怖がベースにあります。だから、そこで、「ドロドロのドラマ」を体験することになります。w (ドロドロって言いすぎかなw)

ようは、これが、スピリチュアル的な観点だと、「眠りの深い状態」であると言えます。

もう、みんなこのドラマから、抜けてもっと自由で軽やかに生きようよ~って言ってる時代(目醒めて生きよう!)に、いきなり、逆方向な感じですよね。

だから、手放そう!と手放そう!とがんばることは、ナンセンス。



 

逆に、この高い振動周波数ってどういうの?

っていうのは、不安も恐れもない、愛と調和の状態。

私たちの本質は、この愛と調和の状態がベース。

 

そう、そもそも

私たちは、高次な振動周波数を持つ存在であるのに、その高い振動周波数を忘れてしまってる。だって、ドラマを体験したくて、この世界に波動を落として(低くして)、わざわざ体験しにきたので、そりゃ、来ていきなり、思いだしたらアカンわけですよね。w

 

でも、もう、いよいよ、私たちの本質を思い出していこうよ!ってことです。

で、この高振動周波数を思い出すと、どうなっていくかというと、

私たちが、ありのままで、愛と調和の状態であることがわかる(腑に落ちる)ということです。

私たちが調和しているというのは、不安も恐れもなく、ただ、豊かや至福で在る状態。

 

そして、しかもその振動周波数は、宇宙に逆らっていませんので、

 

「そうであるように、コトは(勝手に)進んでいく。」ということなんです。

 

ここで、ポイントは、私たちの本質は、常に調和であるということ。

そして、言葉を換えると、宇宙は、常にそう(調和)であろうとしていること。ということは、宇宙は私たちの調和を、ずっと望んでいるということです。

調和という言い方をしましたが、幸せでも、自由でも、豊かでもなんでもいいと思います。

あなたがピンとくる、ちょっと心地が良い感じをあえて言葉ににしてみてください。

そう、それがまさに、あなたの調和のエネルギーです。

 

この話も、し始めると、またちょっと長くなるので、辞めておきます。





 

話を戻すと、

いつでも、なんでも、手放して大丈夫ってことです。

手放すときに余計な思いは不要だということ。

ま、必要ならまたもどってくっか。(←ドラゴンボール悟空っぽいねw)

こんなくらいで、そこにいいも悪いもないのです。

手放すことになるなら、手放すだろうし、手放さなきゃいけないことなんて一つもありません。

手放す理由も、あってもなくても、どっちでもいいです。

ただ、あ、今不要だったんだ、あ、また必要なんだ。

そんな感じでフラッとに、生きてみると今までと全然、違った世界が広がりますよ~^^

 

それではまたこの辺で^^

 

 

特に特典とかないけど

よかったら登録してね。

メンバー大歓迎



 

そうそう、それと、レイキ靈氣のこと、知りたい人にぜひご参加いただきたいのが、

レイキ靈氣(臼井式)オンラインお話会

イベントを立ち上げたので、ご興味がある方、ぜひ遊びにきてね。

30分の無料お話会です。

こくちーずイベントページ

 https://www.kokuchpro.com/event/6202191dc079a5bed998e02870dd3e83/