強さとは何か?

一体、強さとは何か?

日本の伝統空手映画
KUROーOBI「黒帯」

 

※ネタバレにならないようにレビューしたいと思うのですが、・・・・ぜひ、観てから、読んでもらえたら。(笑)(今のところ、アマゾンプライムで観れそうです。)

合して生きる」「醒する」「センション」とかにも興味がある方には、直感で感じ取れると思いますし、武道の視点から、感じ取るのも、とても参考になると思いました。

KUROーOBI「黒帯」

 

 

私、武道とか全く無縁に生きてきました。

でも、この映画は、全然、空手を知らなくても楽しめます。

とにかく、空手の精神が、すきっと感じれる、美しい映画でした。

 

私は、統合ワークから、武道(タオ)の師匠(真鍋さん)に出会い、いろいろ教えていただいたことが、きっかけで武道に触れました。

この武道に、一貫して通じる、

「精神と肉体の感覚」は、「本来の自分に100%一致した状態」です。

でないと、フルパワーにはなれません。

 

この映画のストーリーは、昭和初期が背景。

とてもシンプルなので、ある意味、さっくりと進み、気持ちがいいのですが、ここにからまる「空手武道の世界」ただのアクションだけの空手映画ではない感じです。

 

空手とは?武道とは?

「己と向き合う?」とはを、本当に改めて考えさせられる

真の武道作品のように感じます。

 

死を目前にした、伝統空手の先生が、3人の弟子たちに放った最後の言葉、深かったーーー。

と向き合うことの全て

考えさせられます。

 

己を知る術とは?

陰と陽、表と裏、光と闇・・・・

真の統合とは?

 

何を貫き通すのか?

黒帯を伝承するのは?

 

己を生きるとは?

 

 

主演の方たちは、本物のプロの空手武道家。そんじゃそこらの人達ではない人達が演じる、空手シーンもホンモノで、圧巻です。

その人たちのホンモノの空手の武勇に、ほれぼれし(笑)

釘付けになるシーンが多々あります。

 

主演の中達也さんの空手を教えてくださるyoutubeの動画も、映画の中では、ほとんどなかった、優しい笑顔たっぷりで(笑)空手、武道の神髄を教えてくださってます。それも、すごく楽しめます。

 

 

 

「空手に先手なし、空手は相手を倒すためのものではない。」

 

 

世界には、闘うものなど何もない。

敵などいない。

良いも悪いもない。

 

なにもかも、全て「事実」があるのみ。

淡々と、そこに、実存するもののみがある。

そこに意味を付けて、あれやこれやと創り出しているのは、私たちの「心」だということに、本当の意味で気が付いたら、敵などいないことがわかるし、

全ては自分「己」。

 

世界には、闘うものなど、敵などもいない。

あるのは、愛と調和の元に、実存すると見える事実だけ。

 

自分が、もし、調和していないと感じていたら、自分と向き合う時間が必要なだけ。

 

この世界は、調和で成り立っている。

「自分と世界、自分と自分との関係性」気が付きはじめてら、あなたの世界は変わりだします。

そして、何をしてても、自分が自分自身と調和がとれていることに、気が付いたら、

そこから映し出される世界は調和しか起こってないことに、気が付きます。

 

全ては、「今」にあります。

 

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。