ファスティング4日目だよ。

こんにちは。Yokoです。



今日は、酵素ファスティング4日目です。

ほんとは、3日で終わろうかと思ったんだけど、今日の朝がめちゃくちゃ気持ちよすぎて、やっぱりもう少し続けよう!と決めちゃいました。

一応5日間の予定です。

以前にも、私が、ファスティングと相性のいいCBDについて記事を書いたんだけど、やっぱり、Cファスティングには、CBDはもう、欠かせません。w

「ファスティング」と「CBD」相乗効果


なんでかっていうのは、このCBDという成分なんですが、何がどうって、説明するとね



 

まず、カンタンにいうと、「健康とは、」

体内のホメオスタシス(恒常性)を維持して、病気や老化を防ぐと言われているシステムと言います。※ホメオパシーとか聞いたことある人多いかもだよね。

つまり、健康とは、病原体のない身体が、「健康」ということではなく、健康を維持できる身体そのものが、「健康」ということなんです。

そして、その健康を維持するために働く身体の機能のことを、

エンドカンナビノイドシステムと言います。これはみんな生まれつき持ってるすばらしい機能。

つまり、私たち人間は、何か身体の不調があった場合に、自動的に身体は、調子の良い状態に戻ろうとする機能のことです。暑かったら、汗をかいて、体温を調整したりするようなこと。

この私たちの健康を維持するための、機能が、エンドカンナビノイドシステムと言うんです。

日本臨床カンナビノイド学会より、
体内には、地球上で生きていくために本来備わっている身体調節機能ECS(エンドカンナビノイドシステムがあります。 ECSは、食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能をもち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えています。

最近の研究では、ECSは、外部からの強いストレスを受けたり、加齢に伴う老化によって、ECSの働きが弱り、いわゆる「カンナビノイド欠乏症」になると、様々疾患になることが明らかになってきました。 参照
びっくりしません?

カンナビノイドって欠乏するんです。ということは、身体の健康を維持しようとする機能、エンドカンナビノイドシステムが、どんどん発動しなくなるということ。。。。。。

原因がわからないけど、不調といわれている「不定愁訴」の原因が、カンナビノイド欠乏症と言われ始めているそうです。
不定愁訴とは、臨床用語で、患者からの「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、「なんとなく体調が悪い」という強く主観的な多岐にわたる自覚症状の訴えがあるものの、検査をしても客観的所見に乏しく、原因となる病気が見つからない状態を指す。 参照


この、カンナビノイド欠乏症をサポートしてくれるのが、カンナビノイド成分の一つであるCBD、そして、マザーズカンナビノイド(前駆物質)である、貴重なCBGです。カンナビノイドは、※現在研究が進められてる途中で、現段階でカンナビノイドと呼ばれる生理活性物質は、炭素数21の化合物で104種類あるそうです。

カンナビノイド達は、単体(たとえばCBDだけとか)よりも、いくつか複合的に入っていた方が、アントラージュ効果といって相乗効果が増すみたいなので、できればいろんなカンナビノイド成分が入っている方が良い感じです。

でも、いろんなモノを入れるよりも、全てのカンナビノイド成分の前駆物質であるお母さんカンナビノイド(前駆物質とは、その物質が生成する前の段階の物質のことを指す。)が、CBGなので、これからは、このCBGを入れようと、各企業は、乗り出しているみたいです。

 



こちらは、私がCBDをライフスタイルに取り入れてる理由なんですが、

私がCBDをライフスタイルに取り入れている理由


やっぱり、このCBDのサポートでファスティングも軽やかに進んでいる感じがします。

人それぞれ、個人差はあると思いますが、

心身のゆるみ、リラックスをもたらしてくれる、このCBD

やっぱり 麻の恩恵 かなと感じます。

 

それでは、今日も おやすみなさい。

 

お問い合わせは公式LINE@よりメッセージで受け付けております。(今のところw)