過去はもうないし、未来はまだない。

「過去はもうないし、未来はまだない。」

「今」を生きるってどういうこと?

「今」というこの瞬間にだけ、意識を持っていくこと?

 

私は、未だに、この「今」という感覚は、毎瞬、毎瞬

探っているような気がします。

 

ただ、

何にも「とらわれない」

過去はもうないし、未来はまだない。





#OSHO禅タロット より
過去はもうないし、未来はまだない。このふたつは両方ともその必要もないのに、存在しない方角へ動いている。ひとつは、かつては存在していたがもはや存在せず、もうひとつは存在しはじめてすらいない。
 
唯一正しい人とは、瞬間から瞬間へと生きる人、その矢が瞬間に向けられている人、つねに今とここに在る人のことだ。どこにいようともその人の全意識、全存在は、ここの現実(リアリティ)と今の現実(リアリティ)にかかわってる。それこそ、唯一正しい方角だ。

そういう人しか黄金の門には入れない。現在がその黄金の門だ。
 
<今ここ>が、黄金の門だ。

そして、あなたが現在に在ることができるのは、野心がないときだけだ。

成し遂げるということがなく、権力、金、名声、光明さえも達成したいと欲望がないときだけだ。というのも野心はすべて、あなたを未来へと導いていくからだ。野心のない人でなければ、現在にとどまることはできない。

現在に在ろうと望む人は、考えなくてもいい、ただ見て、門を入ればいいだけだ。体験はやってくる、が、体験は前もって計画したものであってはならない。

参照:OSHO禅タロット http://www.osho-japan.com/zen_tarot.html


 

瞬間を生きている人は、「今」にすら とどまってはいないような感じ。

今にすら、着地することなく、次の瞬間に移っている。

私は、そこに置き去りにされた感じがする。

 

「過去に生きている」

自分でもそんな感じがするときがあるのに、抜け出せない。

 

瞬間にいるコツは、呼吸にだけ意識を向けて見る。

Nothing ゼロ ポイント

ゼロポイントフィールド に入っていく。

 

そのポイント、自分の内側に入っていくことで

まず、最初に、

静けさがただ、そこに在ったと、最初から在ったと気がつく。

 

 

植物は、ただ、ありのままに進んでいく。

どの瞬間も、とどまってはいない。

人も、とどまることはできない。

 

時として、人は、留まっているときがある。

マインドが留まろうとしているからなのか。

 

マインドであろうとハートであろうと、

とどまることはできない。

この宇宙の営みが、果てしなく動き続けている限り

まさに

「天行健」

 

 

***Yoko

 

いつもありがとうございます!



良かったらLINE@のお友達登録お願いします。

LIVE配信や、何か、お知らせが届くかも・・・w

ゆるゆるで、何かいつも、スタートしてます。

インスタもフォロー大歓迎です♡