「行動」ではなく「状態」そして、自然に委ねる。

「行動」ではなく「状態」そして、「自然」に委ねる。



さっき、このブログの始まった頃の記事を読み返したりしていました、

削除したり、整理しようと思ったのですが、

いやあ、懐かしい!2年前くらいの記事を読んでると、まあ言ってることは、今も変わらず、ああ、こういうことを当時は必死で伝えたかったんだな~とか、



いろいろ、いろいろ、こみ上げてくるモノがあります。

それで、ふと、何に気がついたかというと、

私、当時から、あれやこれやって、方法を探してはトライして、行動して、って繰り返してるんですが、当時、「この行動をしたら、こうなる」って思い込んでたんですけど、

今、どうでしょうか

面白いのですが、「こうなる」というのは、確かに望んだようになってるんですが、行動と結びついていないのです。笑

というのも、ああ、当時こういうことやってたな~となんとなく記憶にはあるんですが、この行動をやったから、「今に至っている」とも言えるんだけど、「言えないなぁ」と思うウェイトのほうが大きいんです。

ということは、行動は、望む結果に必ずしもつながるわけではない。という感じ。

ちょっとこのニュアンスが文章だと伝えにくいのですが、

なぜ、そう思うかというと、

あれ?私、いろいろやってた行動を全部、辞めちゃってるやん。って気がついたんです。

当時はですよ、当時は、「それ」をやってたら、自己覚醒するみたいな感じで、それを極めたい!みたいに熱くなってたんですが、

もうそれやってないんですよ、しかも途中で辞めちゃってる。w

 

なのにですよ、なのに、

今、結局「こうなる」ってとこに落ち着いてるので、行き着く先は何やってても、こうなるんだよね、なんであんなに、「しなければいけない」に固執してたんだろう。

と、ふと思うわけです。

まあ、結局は、こうなるんだよね。

って、今コーヒー片手に、穏やかにいう。

 

***

 

結局、そうなるようになるなら、そうなるので、何を選択してもいいのかも。

 

そしたら、なんで、あんなことしてたんだろうって、

それが悪いわけじゃないし、やりたかったらやったら良いのですが、

私は、今思うと、けっこう、「がんばってた」んですよね。

その行為をやりたかったかというと、それをやったら、「こうなる」っていう

「こうなる」をやりたかっただけなのでw

わかりますか?プロセスは、そこまでやりたくなかったんですよ、きっと。

熱き思いがあったのは、「こうなる」っていう状態 への展望のみ。

そうなるには、その行為が、必要だと思い込んでいたんでしょうね。



今、言えることは、行為、行動は、なんでもいい。w

行動ではなく、状態というのは、

「こうなる」望む状態だけを、先にやっちゃうだけなんです。

私は、運良くというか、結局それも、そうなるようになってたんだと思うんですが、

続けられなくなるコトが起きたんです。

まあ、人生のシフトポイントでも呼びましょうか。

そういうの、起こってくるんです。生きてるとね、どうしようもないことが。

 

人生シフトポイント

次元が変わるきっかけです。

次元が変われば、今までの次元のやり方ではどうにもこうにも、することができない。

ってなると、お手上げ状態で、マインドがストップするんですよね~。

 

このマインドがストップすると、あれや不思議、

ほんとに、宇宙の流れに乗れちゃう。

 

マインドのストップ なかなか重要です。

と、まあ、今だからこうして軽く言ってますが、

そんなことないんですよ 笑

 

当時の私は、頭真っ白、頭を抱えては泣き崩れたりもしました。

どうしたらいいんだろうというのと、悲しさ、おそらく胸の奥には怒りもあったのかも、

どうしてもわかってもらえないんだ。という感じ。

92才のおばあちゃんにも、泣きついたことも今、想い出しました。w

おばあちゃんは、凜として行動を何一つ変えず、顔色も何一つ変えず、

「何もあんたが泣くことはあらへん、泣くの辞めり(辞めなさい)。泣いたってどうしようもない。悪いことなんか何もない。何を悪いと思ってるんや?」



そう、私が、私のマインドで「これは悪い、これは悲しい、これは最悪なことだ」と全部決めつけていたんです。そりゃ、おばあちゃんからみたら悪いことなんて一つもみえない、でも私からみたら、その出来事は最悪なこと。

おばあちゃんにそう言われても、私は、感情のまっただ中、そんなことは、冷静に思えないけど、涙はふと止ったんですよね。

そして、

そのあと、おばあちゃんが「あんたが、可愛い孫やということに、何もかわれへんやないの(変わりない)」

 

今思うと、それに尽きる。w

世界(宇宙)は、それぞれ、創り出してる世界(宇宙)が違うんですね。

私、おばあちゃん、他の人、全員、違う世界をみてるし創ってる。

 

なんだか、馬鹿らしくなって、裏山にいってなんかアリと戯れてたのを想い出しました。

そして、そのあと、なんだかスッキリして、

帰ったんですが、

まあ、そのあと、決定的なことが起きてw

交通事故に巻き込まれるという、なんとも、ドラマチックな。

雷が落ちたような衝撃で、そこでパンっと、一気に私の次元が変わったんでしょうね。

 

***

おそらく、いろんなことから解放されたんでしょうね

もうがんばらなくていいやとか、

もうしかたがないとか

もう、どうしようもないって

一気に身体の緊張がなくなり、ほぐれて緩んだというか。

気がついたら手を放して(離してた)って感じです。

***

これが、まさに、宇宙の法則 シフト転換ポイント

自分のコントロールを辞めるっていう瞬間。

 

それからは、自動的に起こり出すんです。

どうしようもないから、委ねるしかない。

はい、はい、はい、そうなんですね、そうなんですね、そうさしてもらいます。

って感じでw

どんどん決まってく、考えは入りませんから。

だって、そうするしかない。ことばっかりなんです。

たとえマインドが入ったとしても、目の前に見えてる道に何の異論もない。

まあ、言うなれば、自分合意のことばっかり。(と見えてる)

 

きっと、抗うことにすら、体力も気力もなかったんでしょうね。

交通事故の衝撃は大きくて、身体の自由もあまりきかなかったんですよ。

 

それって、、、、

もう、まさに、最高の宇宙からのギフトですよね。w

 

で、結局、何がいいたかったかというと、その行為をしてないのですが、

「在りたい自分」には、なっている

んです。

今は、私が、望んでいた状態とも言えますね。

ということは、ほんとに、行為をしようが(したい人はしてくださいね^^)

行為をしまいが、関係ない感じです。

行動ではなく、状態です。

というのが、今日のお話です。

よかったら何かの参考にしてもらえたらと思います。^^

 

今日も健やかに、生きてます。

Yoko

 

良かったらお友達になってね~たまに配信してます!





Yoko的宇宙論自分のための「スピリチャリティ」*

「宇宙的、幸せのコツ」を発信してます。

インスタグラムもよかったらフォローしてね~。