古いプログラミングの解除

みなさん、こんばんは。

先日、8月30日~乙女座新月になりましたね。

私は、なんと、新月より、激しく咳が止まらず、あまり眠れておりません。

なんでかな~と思いながら、、、、、

現在、乙女座新月のエネルギー真っ盛りのあと

なんと、今回の最重要テーマが

「古いプログラミングの解除」

なんです。

ピンと来られた方、いますか(笑)

私は、この咳が激しくなってる時点で、

私の中に、まだあったか!?やっぱりこれか!?という

もう必要なない観念の手放しが起こっているなと感じました。

 

古いプログラミング

自分に課していた古いプログラムとは?

 

今、特にサポートが必要なテーマを

オラクルカードに聞いてみました。

 

 

*仕事の転機*

 

私を含めですが、この仕事に対して、古いプログラミングを持っている人は特に多いと思います。

・嫌な仕事でも働かなければ、食べていけない。

・しんどくても働かないといけない。

・好きなことを仕事にはできない。(してはいけない)

 

もし、あなたが、今の仕事が苦痛で仕方がないのに、働かなければいけない。と

自分で自分の首を苦しめていることが毎日繰り返されているなら、

その古い観念を手放してもいいかもしれませんね。

 

私も、「働かなければいけない」という観念は、

どうも、強烈に染みついていたので紹介しますね。

 

私の家は、普通のサラリーマン家庭で、専業主婦の母がいました。

ただ、父の両親、私のおじいちゃんもおばあちゃんも、一緒に住んでいて、

毎日朝から晩まで畑仕事や、家の仕事を必至にしていました。

 

父も、朝早く夜も遅い。休みの日は接待ゴルフ。

とにかく、話す間もなく、仕事仕事。

 

母も、おばあちゃんの目があるから、とにかく畑仕事や掃除やら買い物やらで

何かとイソイソと何かしていました。

 

なので、私は、自分が働いていないと、

なんだか、罪悪感があるのです。

 

「みんな一生懸命働いているのに、わたしだけ働いていない。」ことになんだか申し訳なくなるのがなりすぎるんです。

そして、さらに「働いていないと責められる」んです。

 

ぼーっとしてるとか、遊んでばかりいるとか、

とにかく、「働かないもの食うべからず」とは、ずっと言い聞かせられてきた言葉です。

 

この「働く」という私の中にできているプログラミングが、

 

「働かない」

= 遊んでいる

= 怠けている

= 人間失格

= 生きている価値がない。

ここまでいってしまったような気がします。

 

今も、まだこの観念が出ているのかもしれない・・・と

向き合ってみると、現状、確かにその部分はあるのかなーと思います。

 

古いプログラミングの解除

染みついた観念は、なかなか、消えずに、タイミングとして必要な時に現れてくれます。

 

この古いプログラミングの解除には、

メンバーであるYonのアクセスバーズが一番お勧め!!!

じぶんでも気が付かなかった古いプログラミングの発見もあるかもしれません。

解除したい方はぜひ、受けてみて下さいね。

脳のデトックス、頭がおもいっきり、スッキリします!

すごくおすすめ♡

 

それでは、またね。