意識的に「時間」の観念をとらえてみる。

意識的に「時間」の観念をとらえてみる。



2022年の春分をもうすぐ迎えようとなります。

昨年(2021年)の春分の日から、1年。

この月日の経過の感覚、いうなれば「時間」の感覚ですが、

私の中では、あきらかに自分の中で「激変した」と確信をもって言えるテーマの一つです。

今日は、そんな私の

「時間の感覚」と「幻想」について、お話進めたいと思います。

続きを読む